ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気になるニュース、サイト 2007/11/03

文化の日ってことで(?)、ちょこまかと「別冊」のほうのhtmlページを直したりしてました。
表示されるページは「え? どこ変わったの?」ってくらい変化ナイですが、こっちは手作業でタグ打ちの単純作業を延々とペチペチやっていて、気持ち悪くなりました。

昔、某大手日記サイトの管理人様が究極のフォント弄りやった時に「製作途中で吐きそうになった」とコメントしてましたが、その1万と2千分の1くらいの苦労が分かった気がします。

あんなの絶対やりたくねぇ。



ロックマンシリーズ 20周年記念 楽曲がロックやテクノでCDに - アニメ!アニメ!
ニコニコ等で流行の、ロックマンの二次創作に触発されて…だそうです。
正直、現時点ではそんな動機で作られたものがおっくせんまんやエアーマン以上にクオリティ高いとは思えません。愛を感じられない。小銭稼ぎにしか見えない。
つか、これゲーム向けの話題でしたね。

わずか565バイトテトリスのプログラミング解説 - [Z]ZAPAブロ~グ2.0
リンク先にあるソースコードをメモ帳に貼り付けて html で保存すると、テトリスが動くそうです。
…試しにやってみたらホントに出来た…スゲェ。
十字キーで移動、エンターキーで回転。

ネットでできる「無限プチプチ」、3種 - cat@log
音がキモチイイ。

ルー語変換
ためしに当ブログのURLを入れてみたら、カオスなことにwwwwwwww
こちら


ちらうら:ジャンプSQ創刊号感想。
和月さんの『エンバーミング』の感想は別記事で書いたので、他の漫画は読み次第テキトーに感想を。

かずはじめ「ラックスティーラー」。運泥棒の殺し屋さんが主人公。
読切から連載化した第1話は、女子校生が母親の恋人に暴行受ける話。
この人、明瞭帝(字違うかも)とかみたいな王道少年漫画っぽいのがしばらく続いてたからすっかり忘れてたけど、ホントはこういう作風のほうが人気出やすい人だったんですよね、そういえば。
「マインドアサシン」で、生徒にレイプされる女教師とか、ペド神父が少年のケツ愛好者とか、週刊ジャンプで凄いことやるなーって当時思いました。
週刊のほうでは残念ながらもう需要無さげの作家のひとりですが(個人的には好きでしたが)、これは多少期待していいかも。「マインドアサシン」が好きだった人にオススメ?

服部昇太「かおすキッチン」。魔法少女ネタの、9ページくらいの短いギャグマンガ。
モロ少女漫画な絵柄ですけど、同じくSQで連載始まった神尾葉子とかいう人みたいに少女漫画ベースでやってた人なんでしょうか?(神尾葉子って人もよく知りません、すみません)
とりあえずギャグ漫画ですが、ある意味「エンバーミング」よりグロイ。
連載モノらしいので、しばらく読み続けてから判断します。現時点だと微妙。

神尾葉子「まつりスペシャル」。現役女子校生プロレスラーの恋愛(?)話。
上記のとおりすみません、この人よく知りません。少女漫画はさすがに守備範囲外。
「花より男子」の作者さんらしいです。花より~って、アレですか? マツジュンとかが出てたドラマのヤツ? たまに見てたけど、あのノリについていけませんでした…
とりあえず漫画のほう、第1話は主人公やその他登場人物、周りの環境の顔見せ的な話でした。現役女子校生プロレスラーという設定にもの凄くエロスを感じたけど、完全に気のせいでした。プロレスだけど、燃え分も無さそうなカンジ。
さらに恋愛部分のバリバリの少女漫画的なノリに、早くも私はギブアップ気味というか拒否反応というか… まあ、でもこれもまだ第1話目なので、評価は今後次第ってことで。


というわけで、とりあえず今回は以上3つの漫画の感想。
和月さんのバリバリ少年漫画な絵柄とか、神尾さんのバリバリ少女漫画な絵柄とか、藤子不二夫とか…
中々カオスな雑誌です、ジャンプSQ。

関連記事
スポンサーサイト

| (旧 ニュース・サイト) | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/727-f463654b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT