ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エンバーミング 第1話感想



まだまだ武装錬金であと10年は燃えられる今日この頃。
それでもやっぱり待っていた、ぼくらの和月サンの新連載。

ジャンプSQ、ついに発売ですよ。
記念すべき創刊号、表紙には新主人公「ヒューリー」!
これはもう永久保存するしかっ!

というわけで買ってきたものの、まだ「エンバーミング」以外は全然目を通してない状態ですが、いくつか興味を惹かれたものもあるので他の漫画もチョコチョコと読んでいこうかと思います。

というわけで、以下感想。
ネタバレですので、知りたくない人はご注意ください。



というわけで、引き続き表紙とカラーページの話題。
新主人公ヒューリーの他に、読切版主人公達だったジョン=ドゥ、アシュヒト、エルムの姿も思いっきりあります。
アシュヒト達の読切の時にもジョン=ドゥの姿がありましたが、どうやら今回も読み切り2作から完全に続く形で連載されていくようですな。
「るろ剣」読切版の千鶴嬢のように「連載中に出すつもりだったけど機会が無かった」っていうことにはならんでしょう。
どういう形で読み切りキャラ達が関わってくるのか期待です。
ついでにコミックスも、読切2作も収録されるとするならば意外と早いうちに発売される予感。まだ連載1回目なのに気が早い話ですが。


そして本編。話はヒューリーとそのパートナー・レイス君がいきなりフランケンシュタインと戦うところから。
その合間に、2人の過去の簡単な回想が挟まれます。
どうやら戦ってるフランケンは、2人の過去に因縁のある相手のようです。

しかしレイス君は、その、アレですな。
外見といい、幼少の頃に親族に虐待されてたことといい、どことなく「るろ剣」の宗次郎と被りますな。
ということは、今後戦いへの天賦の才に目覚めて、悪の親玉に見初められて、ヒューリーの前に立ち塞がるっていう展開へ…

って、いきなり死んだー(;゚Д゚)!?
体が上下真っ二つ… これは確実に死んだ。和月漫画史上、もっとも無残に死んだイケメンの称号を与えよう。

いや、しかしエグイな… 主人公サイドのキャラが遠慮なく死ぬのか。
週刊ジャンプよりグロ規制が大分ユルいのか、和月さんの黒い部分が最初から全開ですな。
今までの作品では、あまりにもキツいのは作中の過去回想(剣心、左之助、安慈、早坂姉弟、ヴィクター一家、その他もろもろ)くらいで、本編中はどんなに主人公がしんどくても最後はハッピーエンドに持っていってたワケですが…
少年誌の規制の枷から解き放たれた和月さんが、今後この暗いテーマの作品をどういう方向に持っていくのか、気になるところです。

と、呑気なコト言ってる場合じゃなかった!
規制の枷から解き放たれたのはグロだけじゃなかった!

かつて和月漫画の比較的露骨なお色気シーンといえば、私の記憶にある限りでは「薫の着替え中に乱入する弥彦」「恵の小さいコマでの入浴シーン」「着物の肩が常時はだけまくりの由美」「斗貴子さんのすごい切れ込みの水着、おへそ」「ミニ斗貴子さんのミニスカチャイナ」「斗貴子さんの裸」「まひろミニスカナース」「まひろミニスカサンタ挿絵(小説)」「リトル=ロゼの裸」等等でしt…
あれ? 結構あるな。まだありそうな気も。十分エロイじゃないか和月さん。

いや、でもですよ?
斗貴子さんのおへそをコソコソ書いてたようなあの和月サンが、まさかエロ方面で覚醒するなんて誰が予想しましたよ。

レイスを殺され、フランケンと共に崖下に落ちたものの、一命を取り留めたヒューリーの前に現れた、医者兼人造人間研究者である金髪ポニテで目つきの悪いお姉さん、Dr.ピーベリー。
下着、ガーターベルト、ストッキング… その上に白衣一枚で前はだけて余裕とは、なんとまあ。元・花魁の由美もビックリのエロい格好じゃありませんか。
途中、ヒューリーにフランケンシュタインの説明をする時にチラっと早速出てきたジョン=ドゥ達とか、どうでもよくなっちゃったじゃないですか。

ファンタジーな世界観でバイオレンス&エロス。しかも出てくるキャラは、主人公以外はレイスを含め微妙にオカシイ人だらけ。
初回からカオスな雰囲気が充満してるじゃありませんか。
やりたい放題じゃないですか、和月先生。もっとやってください。


で、今回のラスト。
ピーベリーさんのところから1ヶ月ぶりに屋敷へ帰ってきたヒューリーを出迎えてくれたのは、今のところ普通すぎて(というか他が濃すぎて)目立たないヒロイン(?)エーデルと執事のシェイドさん。
そして、死んだはずのレイス。
何者かによって、宗次r レイスはフランケンシュタインへと変貌させられていた…

というところで次回へ続く。


これはやっぱり、レイスは敵になるフラグなのでしょうか。
まさか次回、エーデルがレイスに惨殺されるとか…今回のリミッター解除な和月さんなら、やりかねない気がしますが。
まあ、今まで少年誌で王道ハッピーエンドを描いてくれていたわけですし、何の制約にもとらわれない自由な展開というのも見てみたいところです。
たとえそれがどんなにキツい展開でも、今は只ひたすらに応援するのみ。


気になるのは、フランケン化レイスが元の記憶を持っているっぽいこと。
読切版の設定(フランケン化以前の記憶は失われ、別人のようになる)を引き継いでいるとすれば、これって謎ですよね。

それから、ピーベリーに助けられたヒューリーの、喉の傷。
今は包帯を巻かれて隠されていますが、もしかしてヒューリーも何かピーベリーに細工されてる?
ヒューリーもフランケン化したのでしょうか。
1話のタイトルも「DEAD BODY and REVENGER」。
「~ BRIDE」「~ LOVER」と過去2作の話の中心がフランケンシュタインであったように、今回もフランケンになったヒューリーとレイスの話ということ?
うーん、とにかく今後が楽しみです。
来月が待ちきれない。



そしてここまでガンブレの話題、一切無し。

関連記事
スポンサーサイト

| エンバーミング | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/726-82d3be9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT