ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『サキガケ⇒ジェネレーション!』体験版配布開始

クロシェット | Clochette Official Website
【サキガケ⇒ジェネレーション!】情報ページ公開中!
 サブキャラのサンプルボイスより先に体験版がキタか。

 姫ノ木氏主導ということで分かってはいたけど、今回はスズノネと違ってがっつり魔法バトルになりそうな雰囲気。
 というか本格的に物語が動き出したっぽいところで体験版終了とか、お約束すぎて飢餓感ハンパない。

 それにしても。

 スズノネセブン!Portable発売
 サキガケ⇒ジェネレーション!体験版公開&製品版発売予定
 異世界因果のトラベローグ2巻発売予定

 で3作とも魔法ものか。
 順当にいけばトラベローグは今年中に3巻も出るだろうし、プリコレガイドブックは未だ出てないけどサキガケは出るかもだし、2014年は姫ノ木関連作品・スーパー魔法タイムか。
 あからさまなクロスオーバーはともかく、せっかくだからどこかでコラボ企画とかやらんですかね。


以下、プレイ中のひとりごとを箇条書きで。
いつものごとく再プレイ後に色々勝手に追記・修正してるかと思われます。



・ゴッハン! DSP「ゴッデスハンター」!
 開始早々いきなり『カミカゼ』とリンクキタ━━━━━━!!(違)
 速瀬兄妹と海棠兄妹はどっちのほうがプレイヤースキルが上なんだろう。慶司はキャラを何人も極めるくらいにはハマってたみたいだし、一応まなみも1キャラは極めたみたいだったけど。極めたっていうのが何を指してるのか。ゲーム内の難敵全部ソロ撃破経験アリ・武器防具最高ランク入手済みとか?
 本編内で秀穂と「JOKER(仮)」さんとゴッハン協力プレイする場面とかないだr… うん、あるわけないか。
 そもそも慶司達がゴッハンの何作目をプレイしてたのか不明か。

・妹の璃々子、登場シーン(夕方)から翌朝まで続いてることもあり、ゴスロリ→部屋着→寝間着→制服と立て続けに衣装パターン披露。
 初登場時のやりとりがまんま某・自称友達が少ない主人公の妹すぎて逆にワラタ。
 しかしなんでだろう、このかとはキャラの方向性が違うはずなのに、このかを強烈に彷彿とさせるのは。

・なつめお姉ちゃん改めなつ姉。
 …紗耶香? いやCV:夏野さんだから当たり前だろとかそういうことじゃなく。
 この強烈な既視感はなんなんだ。
 どうでもいいけどクロシェット作品・CV夏野で「りり(ちゃん)」言われるとどうしてもスズノネの莉里先輩がうかぶんですが。魔法作品繋がりだし。
 そういや他のメインキャラが立ち絵2種類な中、なつ姉だけ指を立てた別バージョンがある。

・敦盛wwwwwww まじでいちごみるく=アレか。
 もし事前情報が無かったとしても、まんますぎてさすがの私でもきっと「ん!?」と思ったであろうレベル。
 同じく学園長も。

・女子生徒1こと小宮山千尋、確証はないけど… あれだ、カミカゼの馬渕とかプリコレのいいおーの人。たぶん。
 なんというさり気ない連続出演。CV:立花あおい さん、でしたっけ?
 女子生徒2こと志筑万里、もっと自信ないけど… なんだっけ、あまつみの千紗ルートで出てくる男女の子供2人組の、女の子のほうの人のような気がする。CV分からない。
 って、違ったら恥ずい。
(追記)確認したら成美ちゃんだった。ちなみに男の子は雄太くん。そして万里=成美ちゃんじゃないっぽい。うろ覚えで適当なこと言うもんじゃないな、うん。
 …いやでもどこかで聞いたことある気がするんだよなぁ… と 1行前の自分の言葉を華麗にスルー。

・いいんちょ星咲、CV… なんだろう、演技がヘタなわけじゃないのに不安になるこの気持ち。
 アレだ、無名や新人の役者が主役やレギュラーを勤める特撮新番組の1話目的な気分に似てる。いやこの人は無名でも新人でもないみたいだから例えがアレだけど。
 まぁでも桜花自体はかわいい。どうしても琴羽と被るんだけど。
(追記)あれ、なんか何度も聞いてる間に癖になってきたような… これは、アリかも?
(追記)あ、なんか、いいな、うん。癖になってきた(馬鹿)
(追記)星咲さんいいじゃん!誰だよ不安になるとか言ってたヤツ!

・ヒマリ桐葉登場。
 信頼と実績の常連CV。この後にまだ桜川&まきさん控えてるとか、なんかもう理由のよくわからない安心感がすごい。

・とか言ってる間にまきナビ子登場。
 受け答えから察するに、ある程度自我がありそう?

・Wizard Generation 略称ウィジェネは8人同時までおk。
 主人公 + 敦盛 + ヒロイン5人 で7人。サキガケセブン。
 あとひとりの空き枠は桐葉か、菖蒲お姉さんか、はたまたルートやイベント限定のゲストキャラ枠か。

・姫ノ木ワールド本領発揮。
 無駄に(※褒め言葉)詳細まで設定されてるウィジェネ設定。
 製品版の初回限定付録の冊子に攻略本風味のウィジェネ解説ページとかないのかな。無いか。
 (追記:誰得な判明済みウィジェネ情報)
【基本クラス】6種(公式HPより)
[Fighter(戦士)] [Hunter(狩人)]
[Magician(魔法使い)] [Priest(聖職者)]
[Esper(超能力者)]  未判明1種

【複合クラス】基本クラスの組み合わせ
[Knight(騎士) F+M] [Paladin(聖戦士) F+P] [Bishop(司教) M+P]

【スクール】7種(魔術における専門分野)
[地] [水] [火] [風] [付与] [召喚] [心理]

【カルト】秀穂「PにおけるMのスクールみたいなもの」
信仰する神様。修得できる呪文が変わる。

 情報をまとめてみたら元ネタとか分かるかなーと思ったけど、気のせいだった。
 ステータスが36でMAX、みたいな話があった気がする。スタート時のランダム値の最大が、ってわけじゃなさそうだけど。ゴッハン=モンハン? のネタが出てたし、それ系統のが元ネタってことなのかな? モンハンやったことないけど、たしかアレってレベルとかがそもそも無いって聞いたような?
 複合職は基本職全通りの組み合わせがあるんだろうか。ファイター+エスパーの複合職で俺はやるぜ! いや選べない仕様だけど。
 ていうか基本職最後のひとつは何だろう、バランス的にエスパーと同じく第3の属性っぽい気がするけど。 …満を持して「メティスパサー」が(ry スクールを選べて、地でダビデストーン、水でマーメイド、火でプロミネンス、風でアイギス、付与でペネトレイターやアイリス、召喚でアンブラやポスポロス、心理で… プリマドンナ? パペット・イン・ザ・ミラー? ジョーカーは何だろ。いや広げる話題でもないんだけど。
 そういやエスパーは一応キャスター属性だしスクールを選べるのかな。敦盛やなつ姉みたいな物理属性はスクール選べないのかな。
 杏音のスクールやカルトについては名言されてないけど、描写を見るにたぶんスクールは付与で、カルトは剣神アスペリス?
 カルトに関して情報が足りない。ていうかカルトの説明、秀穂が何を言ってるのかよく分からないのって私だけ?
 アスペリスって名称は元ネタなしの造語? てっきりアテナとかハルキュオネとかペルセポネとかのギリシャ神話が元ネタと思わせてカミカゼネタ来るかと思ったら、そんなこともなさそう。
 でもきっと菖蒲お姉ちゃんのウィジェネキャラのカルトは管理者権限の特別仕様で邇岐志神奈媛命だって信じてるっ。CV桜川的な意味で。…リアルのほうのアストラル体で巫女服だったし天泉森雨古依命か八重深津速銀王かもしれないけど。

・うん、ダサイタマ杏音と呼ぶことにしよう。
 や、埼玉を卑下しているわけじゃない。誓って。
 むしろ埼玉サゲしてるのが杏音自身だ。

・なつめが無人の部室を目撃、ゲーム内で触覚がある。
 ウィジェネはソウルデジタライズじゃなくリアルデジタライズか。
 (追記)選択肢で6人の中から敦盛を選ぶとその辺にちょっと触れるので、.hackみたくノリで流してるわけじゃないのは確定で良さげ。

・感想書きながらプレイするつもりが、いつの間にか感想そっちのけでプレイしてた。
 いかん、色々書きたいことあり過ぎて逆に思い出せない。

・そういえば、璃々子は「子(す)」と読んで「リリス」ってことに体験版やるまで気付かなかった馬鹿がここに。

・秀穂の由来はまさかの花の名前。恥ずかしながらベゴニアも秋海棠も初耳でした。
 秋海棠は名前の通り秋の花らしいです。
 そして(秋海棠の妹・璃々子の)CVに秋野花。だから何だと言われてもそれだけ。
 秋海棠の花言葉は「自然を愛す」「恋の悩み」「片思い」「未熟」。「片思い」はハート形の葉の片方が大きくなるところかららしいです。Wikipediaより。

 それはそれとして、今回は戦国武将関係無さそう?
 つーかメインどころの名前は主人公含めて花縛り?
以下 名前に関する花言葉とかどうでもいいネタ。スルー推奨。
【杏音】=杏
 「はにかみ」「乙女のはにかみ」「疑い」
 (実)「気おくれ」
【桜花】=桜
 「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」
 (シダレザクラ)「優美」 (ヤマザクラ)「あなたにほほえむ」
【なつめ】=棗
 「健康の果実」
【桐葉】=桐
 「高尚」
【菖蒲】=そのまま
 「良き便り」「うれしい便り」「吉報」「愛」
 「あなたを大切にします」「私は燃えている」「消息」

 友梨亜=ジュリア・ド・リシュリュー=薔薇?
 ゲーム内でリシュリュー家の紋章=ライラックとは言ってたけど、姓のほうだしなぁ。ちなみに一応、ライラックローズという薔薇の種類はあるらしい。
 花言葉は、ライラックなら「友情」「青春の思い出」「純潔」「大切な友達」「若者の無邪気さ」「初恋」「謙遜」など。
 薔薇は… 色や形によってたくさんありすぎて…
 とりあえずだいたい共通するのは愛とか美しさに関すること? ちなみにピンクなら「上品」「愛を持つ」「しとやか」。ピンクの大輪の薔薇なら「赤ちゃんができました」
 ……!? やっぱり淫乱ピンクじゃないか!(歓喜)
 (追記)百合だの薔薇だので興奮しすぎて、一番単純な「藤」を見落としてた。
 藤の花言葉は「歓迎」「恋に酔う」「陶酔」だそうで。
 やっぱりエロスじゃ(ry (/ここまで)

 璃々子=リリ(ー)=百合? ちょっと無理矢理かな。
 「海棠」自体が花の名前みたいだけど。「リリス」のほうで花に関連したものがあるのかな。
 百合の花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」。他にも色や種類によって色々。
 海棠の花言葉は「温和」「妖艶」「艶麗」「美人の眠り」らしい。神話・妖怪としてのリリスのイメージには合ってる…? ちなみに海棠の学名は「Malus halliana」。
 一瞬、神話のマルスと何か関係が?と思ったけど、綴りが違った。でも璃々子の設定を考えるとあえて言葉遊びで神話ネタと関連させることもあり得る?

 ちなみにちなみに海棠はバラ科らしい。もし友梨亜の元ネタも薔薇なら… 璃々子と友梨亜はアッー! …えっ。
 もしくは友梨亜もゆりあ→ゆり(百合)で2人が百合(意味深)的な。あら~♪
 このかと雛乃以上にガチじゃないですか。もう本編に期待せざるを… いやでも関係しそうな花言葉に、どっちにも「純潔」が…


・体験版部分終盤になって、満を持して桜川お姉ちゃん登場。
 プリコレの多英ちゃん系な演技。
 今のところしっかり者の常識人っぽいけど、出番が少ないので判断保留。

・友梨亜のリアル魔法シーン。
 雷の魔法と聞いてライド・ザ・ライトニングを一瞬期待したけど、どうやらスズノネとは違う魔法体系な様子。いやまだ分からんけど。勝手な希望だけど希望は捨てない。
 ところで友梨亜のCVが予想以上にツボで困る。「ちゃうねん」とか「ガァッ!」とかなんだあれクッソかわいい。

・体験版部分ラストイベント。
 エンタメ部の何人かが謎の発熱=リアルで能力覚醒の前触れ?
 なつめが何ともなかったっぽいのはまだプレイ初日で影響が少なかったから? それとも単にゲーム内レベルの関係?
 友梨亜が何ともなかったのは既にリアルでそれなりの実力がある魔法使いだから?
 杏音が発熱=杏音は菖蒲と違って魔法使いに目覚めてなさげ? 「友梨亜が魔法使いだから気をつけろ」は、「そりゃウィジェネで友梨亜=魔法使いだけど…」くらいの認識? いやでも秀穂が「~言葉の魔法使い」みたいなこと言った時に驚いた反応してたし… んー、分からん。
 秀穂が璃々子の異変に気付いたのは只の勘とか予感とかじゃなくて、何かの感知系能力が発動した? それとも以前から何度か起こってるからそういう気配を感じただけ?

 海棠兄妹「死ぬかもしれん程度のムズいクエストやろうず」=ゲーム内でリタイアするとリアル体がどうなるかへの前振り? 敦盛にげて、超にげて。

 いいんちょのゲーム嫌いの理由が意外にも体験版の間に判明。
 その原因のパパ、行方不明。
 …ウィジェネに取り込まれてる? 未帰還者? いやないか、現時点では現バージョンのウィジェネを秀穂達以外がプレイしてるかどうかも怪しいし。
 とにかくパパンのいなくなった3年前、この「3年」が今作の話の重要な装置になりそうな予感。

 湖に巨大な魔力溜まり。発光現象。
 紅藤親子は湖=龍脈の調査のために、この街に住んでる?

 友梨亜側と菖蒲側はお互い魔法使いバレしてるうえに警戒しあってるみたいだけど、とりあえずお姉ちゃん悪の組織説とか黒幕説の可能性は完全に消えたと思っていいような印象。

 友梨亜が璃々子を守ることに拘っているのは、璃々子が潜在的に凄い魔力を持っていること以外にも何か理由がありそうな気が。おそらくツンデレに見せかけてキッパリ「璃々子は私の特別」と名言してるくらい仲良いことから、まだ詳しく語られてない2人のエピソードがありそう。

 巫女装束な菖蒲お姉ちゃんが、幽体離脱した璃々子と何度か会ってる様子。
 秀穂の様子からして、璃々子の突発的な異変は昔からっぽい。

 そしてプロフィールで既に判明済みだった、璃々子の潜在的スゲー魔法使い設定。
 …場合によっては、璃々子がラスボスの依代、的な展開クル?
 いやそもそも今回の敵(?)が人間なのか人外なのか自然現象なのか何も判明してないけども。
 龍脈がどうこうの話が出てたから、魔人学園でいうところの「黄龍の器」的なものが璃々子とかの展開ならありそう?

 もしくは菖蒲お姉ちゃんがそれ的なもの? 巫女術とかいう武術使うみたいだし、あの衣装だし、凄い魔法使いみたいだし、「ナントカの巫女」的なことはありそうな。
 しかしそうなると今作は凄いな、「魔法」「超能力」「巫女」か。いやウィジェネだと超能力は魔法の派生っぽいカンジだけど、これで妖怪・神様と、ちょっとだけ進歩してる科学技術があればクロシェット異能属性オールスターじゃないか。
 今作はクロシェット版スーパー魔法大戦どころか、クロシェットオールスター・大乱闘スマッシュシスターズ?

・今のところの印象だと、
 本筋に大きく絡んできそうな面子→杏音・友梨亜・璃々子
 かな? カミカゼの風花・美汐・沙織的な意味で。
 これは姫ノ木氏担当かな? 璃々子あたりはもしかしたら他ライターさんかもしれないけど。
 ウィジェネ=能力覚醒的な流れはたぶんもう間違いないと思うので、あとは菖蒲が何の目的でテストプレイさせてるのかが気になるところ。
 体験版の後の流れは、とりあえず共通ルートの間は、リアルに影響が出る(ゲーム中にリタイアした敦盛あたりが大怪我、海棠兄妹や桜花とかがリアルで魔法を使っちゃう、とか)→秀穂「なんやあのゲーム…」杏音「分からんのでちょっと姉ちゃん呼んでくる」→菖蒲「今作では巫女服着させられてる電子の妖精・神奈ちゃんが説明してしんぜよう!」みたいなカンジで本格的にシリアスパート開始=個別ルートへ、かな?

 桜花となつめはひとりずつ他ライターさん担当?
 桜花のシリアスパートはお父さんの行方を探すとかの方向にシフトしていくのかな。どんな形かはともかく、まず間違いなくウィジェネがパパの行方不明に関わってるとは思うんだけども。
 なつめは… ゲームがバレて父ちゃん激怒→仲直り的な? いやこれじゃ大雑把すぎるけど。なんとなくなつめは保住氏担当な気がしてくるなコレ。 いやでも「友達とゲームを一緒にプレイ出来て泣くほど嬉しかった、楽しかった」っていうなつ姉にとっては重要な事が起こったわけで、その辺の心情とか深いところを掘り進められれば結構ハートフルな話には持っていけそうな。気のせいかもしれない。でも保住氏の作品は現時点でましろ色とウィッチズガーデンの体験版くらいしか記憶にないけど、そういう話をやるのが得意そうっていう勝手なイメージが。後はまぁ、ヒロインルート時のお約束で、MMO熟練者の腕を活かした無双展開でも終盤にあればなつ姉ルートは無難かなって気がしてる。

 にしても、やっぱりサブが桐葉と菖蒲だけってのはなんか寂しい。あとナビ子か。
 にゃおぽちコンビほど身近なサブキャラじゃなくても、洋子先生や薫子さん程度のポジションの立ち絵キャラが欲しかった。しかも菖蒲は体験版だとホント顔見せ程度の出番しかなかったし、ナビ子も意外と出番少なかったし。
 こうなると小志千万のモブ2人組くらいには立ち絵欲しかったような。いやまぁポジション的にどう見てもカミカゼの深谷と馬渕なんだけども。

・体験版の時点で選択肢9箇所か…
 これはもう共通ルート2/3 ~ 3/4くらいは消化しちゃってるのかな。
(追記:まだ削除してなかったカミカゼとプリコレの体験版を確認。
 カミカゼ体験版は幽霊調査で小早川恵子ちゃんの出番あたりまで。
 プリコレはこのかが☆☆☆部入部を決意する夜のあたりまで。
 ちゃんと計ったわけじゃないけど、どちらも共通ルートを半分~2/3消化したくらい?
 ということは今回もまだこの先半分~1/3くらいの長さは共通ルートいける?)

 主要メンバー勢揃い、ウィジェネはチュートリアルx2 + ファーストミッションクリアでゲーム初心者の友梨亜と桜花も基本操作は問題なくなって次回ログインから本格的にプレイの頃合い、ストーリー的には今後の展開の布石もあり… うん、ちょうどいい具合に寸止めプレイ。
 物語全体の尺はどれくらいなんだろう、カミカゼくらい? そうなるとプリコレよりは若干ボリュームダウン… だけど、あれはプリコレがボリューム凄かっただけだから丁度いいのかな。

 好感度は相変わらずハーレム状態だけど、共通時点でいいんちょが一番高い(最初からクライマックス)っていうのは予想外だった。みーこ方式で、個別ルート突入時に1年以上前の回想=惚れるきっかけあるかな?

 杏音・友梨亜・なつめはまぁ順当。

 妹は、初の標準ブラコン(?)かと思いきや、しっかりクロシェット式ブラコンだった。コレはなんだろう、一周まわって逆に冷静な状態なんだろうか。このかとはまた性質の違う冷静さ。
 妹キャラとしては初の最後尾クレジットのヒロインだし、何か仕掛けがあるのかもっていう期待。

 エロに関しては、さいろー氏不在がどこまで響くか不安だったけど、よくよく考えたら姫ノ木氏も十分変態(※褒め言葉)だし安定のCV夏野も完備だし、体験版のおまけHをざっと流して見たカンジ思ったより心配いらなそう。
 とりあえず帰ってきた淫乱ピンク・ド・貧乳なジュリア・ド・リシュリューさんに期待しておこう。
 むしろ心配なのは、他ライターさんがどこまで姫ノ木氏の濃ゆい中二病ワールドに対応できるのか。さいろー氏が抜けた穴って、実はエロよりも、シリアスというか熱血部分が危ういんじゃないか、もしかして。
 あとエロコメのセンス。あれはもうほとんどさいろー氏が一手に引き受けてたと言っても過言じゃないような。

関連記事
スポンサーサイト

| クロシェット | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/1806-bee3e933

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT