ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ドットハック セカイの向こうに』ゲームクリア。

BDが届いてから、
映画 → versus → タナトスレポート → オマケDVD
と立て続けに.hack漬け。

やー、久しぶりに.hack成分を摂取した。



以下、ネタバレ&なんかもう脈絡なく話がとっちらかってて見難いのでスルー推奨。


【映画】
正直、まったく期待してなかったんだけど、予想を良い意味で裏切られた。
普通に面白いじゃないか。
キモイと思ってたCGも見てるうちに慣れて、特にリアルパートは素直に凄い技術だと思えた。
細かく動く動く。どれだけ手間がかかってるんだろう。
リアルタッチが絶対に慣れないと思ってたそらカイトも段々かわいく見えてくるのが不思議だ…
マサル・セブンの子は、あれはタビーと同タイプのネコ娘でいいんだよね? たぶん。
CV:井上麻里奈のクラスメイトがなんかもうすげーおいしいとこ持ってったなー。
外人のアヌビスっぽいPCは、天狼系の色違い種族かな?
じーちゃん&ばーちゃんのPCが無駄にイケメン&美人。
まことさんの声がなんかミクっぽいなと思ったら、ホントに CV:藤田咲 で噴いた。
新生フィアナコンビはPCキャラ時の声がちゃんと勇者王と足臭に変わってた。設定資料によれば、ギルド『クルセイド』に所属で、今はバルドルがギルマスだとか。クルセイドって、G.U.でアリーナランカーの集団だったあれと同一だよなぁ、多分。

限定版に付属の設定資料も、FORCE:ERAの仕様の一部が分かってなかなか興味深かった。シリーズファンならコレのために限定版ゲットしても損はしないかも。薄っぺらい冊子のわりに資料的価値がある。
飛空艇システムと、それを一部のギルドが@ホームにしている設定は面白いと思った。
…って、Quantumのガイドブックを見たらこの頃から既に飛空艇自体はシステムにあったのか。Quantumはディスクの入れ替えが面倒なせいで各巻一回しかまだ見てないからあまり把握してないんだよな… ガイドブックも一度サッと目を通しただけで取り出しにくいところにしまっちゃってた。
 
とりあえず判明してるのは、200m級戦艦:クルセイド、ケストレル、カナード、ZOO
150m級巡洋艦:TaN、月の樹、ワイルダー、ソルトマニア
60m級軽武装運搬艇:トライフル、ジェム、エンビレオ、Team-CUR(医療連盟癒し隊)
その他タンデムタイプ、戦闘艇、観光艇などなど。劇中でそら達が乗り込んだじいちゃん機は20m級遊覧船らしい。
飛空艇の名前がギルド名なのは、そのものズバリでギルメン達が使ってるってことでいいのかな。
カナードはハセヲの活躍とかで一気に勢力増大、月の樹はG.U.での事件で勢力減少らしい(Wikipediaより)。カナードにはまだシラバス&ガスパーいるのかな。月の樹は今は誰が幹部なんだろう。他にも、G.U.の作中で確認できたギルドの大半はまだ存続してるみたいで嬉しい限り。まさかTaNまで復活してるとは。イコロも飛空艇はともかくギルドの存在は残ってるっぽい、Versusのランカーに揺光だのイコロの管理人(みたいなユーザー名)だのがいたし。

FORCE:ERAの職業は30種? もっとあるのかな? 歴代職業の系譜のものから新職まで、一気に増えたな。
マルチウェポンが見当たらないのは廃止されたのかな。いやでもVersusではハセヲが再現されてるし、単に設定画で出てこなかっただけか、もしくは判明済み職業の中にマルチウェポンの系譜があるとか。
あ、ダンスマカブルも見当たらないや… 八咫様(ノ∀`) 碑文覚醒は最後の最後で、職業は後に廃止(?)され… かつてのワイズマンの面影はもう完全に消えてしまわれた。散々過ぎる。続編では是非、またカッコ良い立場に返り咲いて欲しい。

(追記)
『ドットハック セカイの向こうに』の魅力に迫る【第2回】――“THE WORLD”最新の姿とは? - ファミ通.com
過去にファミ通で、思いっきりFORCE:ERAの仕様が紹介されてたのね… 属性とか職業とかギルドとか。知らんかった。
(/追記ここまで)

モデル解禁があったせいか、カイトタイプだけじゃなくバルムンクとオルカの同タイプも増えてきたな…つぎはぎ連中にベアにゴンドーにバルドルにトービアスにぴろしACT2に…

そらは結局、今後もザ・ワールドを続けるんだろうか。
でも続編で登場するとしても、声はLinkでのゲスト参戦時みたいにカイトの人が担当しそうだ。

劇場版は、『これ単品でも話が理解できるように』との謳い文句だったけど、正直アウラ関連は、映画で初めてシリーズに触れた人はどうなんだろうと思った。
いやでも心配しすぎかな? 一応説明はあるし。



【versus + タナトスレポート】
ゲームも正直、全く期待してなかったけど… 意外とちゃんと作りこんでて遊べる。一部、キャラバランスがめちゃくちゃだけど。オーヴァンはトライエッジモードになるまでホントどうしようもないなアレ。
トロフィーも弱音を何度も吐きつつもなんとかコンプ。
ただ、プラチナランクのミッションがいくつかクリアできる気がしない… 主に「カウント69以内に勝利」のやつ… 素直にアイテム装備してやったほうがいいのかな。

よもやまBBSやランカーに歴代キャラの名前がメインからモブまでいろいろ。気になるユーザー名もちらほら。
揺光は途中でランカー順位が下がっちゃってたけど、抜いたあの1位のやつは誰なんだろう。
あとはポザオネだのクラリネッテだのクーンだの匂坂だのタビーだのIyoten&アスタだのQuantumメンバーだの銀漢だの尻ライスだの。まだなんかいた気がする、あとで確認してみよう。
匂坂が本格的に戻ってきてそうな雰囲気だったのとか、Quantumの連中がまだゲームを続けてたのとか、色々と分かったことがあってなかなか興味深い。
気になる人は是非versusをプレイして、歴代キャラを色々と見つけてみるのも楽しいかも。


(7/6 追記)
リスト作ってみた。

.hack//Versus クリア時点でのVERSUS RANKERS

しんどかった。いろいろ。
NOVAは一応小説版でブラックローズと絡みがあったので歴代キャラにカウント。
歴代以外で気になったのは… まずは2位「ワイルドサイド」揺光に勝つくらい強い人。
20位「イコロの管理人」ただのユーザー名でイコロとは関係ないのか、それとも本当にFORCE:ERA時点におけるイコロの管理人なのか。…管理人??? 大火?
296位「ブリギッダ」腕伝のレナの1stPCが「ブリギッド」だったけど… さすがにただの似た名前の別人かな。
86位「女神の息子の友達」女神=アウラ… いやいや、ブリギッド以上に考えすぎだ。そもそも娘ならともかく息子って誰や。ツギハギ三蒼騎士か。
(追記ここまで)



前情報ではキャラが少なすぎなうえに、カイトタイプばっかりふざけんなと思ってたけど、あのシステムで30体とか50体とか使えちゃったら絶対にやりこまなかった。
黄昏の騎士団総登場のゲームは、これとは別に期待しよう。
なんかタナトスレポート見る限りだと、(ゲームかアニメか漫画か 媒体も詳細も分からないけど)めちゃめちゃ続編あるっぽいし。 …ああ、そうか、それが機嫌良くこんな感想を書いていられる一番の理由か。納得。

タナトスレポートのラストに出てきたゴンドーの中のヤツは、続編で重要キャラ確定かな?
そういえば、初代.hackで本来はオルカがアウラから腕輪をもらうはずだった → 未帰還者に → 系譜を受け継ぐゴンドーも未帰還者に → で、タナトスレポートラストでついにアウラは結果的にオルカ(じゃないけど)の中の人の手に渡ったことになるのか。そう思うと色々と感慨深いものがある… 田中と田中わび助 的な意味でも。
ちなみにネタバレ:タナトスレポートにパイとフリューゲル。

付属のDVDに収録されてたスペシャルドラマもなかなかのボリューム。
そういえばカイトは海外を飛び回る予定なんだっけ。ハセヲも進路はネットワーク関連の仕事を目指して頑張ってる、と… 
ん??? そして今、トキオは『仲間』達とウラで色々と動いてる…
更に物語は本格的に、NABをはじめ海外組も関わってきてる…
サクヤもまだThe Worldにいるし、劇場版メンツは少なくとも田中がほとんど続編の重要キャラ確定状態…
あれっ? これって繋げようによっては続編で本当に歴代勢揃いもありえるんじゃね???

トキオの『仲間』達が現段階ではまだハッキリ分かってないけど、フリューゲルと交流があるみたいだし、Linkの時みたいな『ほとんどがゲーム内データのみのキャラです』な状態じゃなく、リアル世界で本物の碑文使いPCやドットハッカーズの中の人達と連携をとってるとすれば…

いい加減、あれだけThe Worldを愛してたバルムンクの中の人とかがRoots以降何も音沙汰がないのも気になるし、司だってVersus内で自分のかつてのPCが鉄アレイ付きでプレイアブルキャラになんかなってたら色々と思うところがあるかもだし、劇場版でのネットワーククライシスで水無瀬舞たちもなにか感じることがあっただろうし、小説版のキャラ達だって出そうと思えばいくらでも方法はあるし、腕伝キャラ達だって… ミレイユなんてリアルでの年齢的には今ちょうどそら達に近くなかったっけ。2014年で4歳だっけ? そこから10年で14歳、って思いっきり劇場版メンツと同世代か、もしかして。なら今もプレイしてるかはともかく、The Worldにまったく無関心ってことは無いだろうし。
完璧だ。歴代キャラ総登場の布石は完璧じゃないか。
来るか、来るのか、真の『黄昏の騎士団』。

あー、だめだ。
なんか色々と情報がありすぎて全然書ききれない。
後日、全面的に書きなおすかも。



(追記:7/7 コミック版読了)


1巻完結の駆け足のわりには、かなり良くまとまってた。
作画も特に不満なし。
それだけじゃなくて、コミック版は『 Versus の前日譚 』でもあり、『タナトスレポート』に直接続く終わり方になってた。
他にも細かいところがちらほら違ってて興味深い。
映画が面白かった人は、補完媒体としてコミック版を読んでもいいかも。
逆に漫画版だけだと伏線だけ残して消化不良なイメージになりかねないので、やっぱりハイブリッドパックを買って映画&ゲーム&タナトスレポートを見た人向けかも。

特に大きく違ったのは、

・マサル・セブン&ダーシャのログイン中の出番が減り、最後の船上での戦い程度に。
 漫画版だとPC名が不明のまま。
・代わりにじーちゃん&ばーちゃんが そらカイトへのゲーム内ガイドを。
 タンデムでそらを助けたり乗り付けたりする役割も ダーシャじゃなくてばあちゃん。
 タンデムを華麗に乗り回すばあちゃんが素敵すぎる。是非PTを組んでいただきたい。優しく手ほどきを受けたい。手取り足取り。

・(映画にて)操作に慣れず他のPCに笑われるカイト → Iyotenとアスタに初心者PKされかけるシーンに変更。
 …お前らまだそんなことやってんのか! 成長しろよ!
 しかも相変わらずアスタが無駄に可愛いのがムカつく! ネカマのくせに!

・THE WORLDで遊ぶそら達を影から見つめる9(ナイン)のシーン追加。
・田中がリアルに帰還する時、9が手助けしたらしい。
 そら達が女神像のてっぺんを目指していた時、9は未帰還者達の救出活動をしていた?
 ということは素直に解釈すれば、漫画内でデビッドが呼んだ助っ人は9かな?
 9がVersusで言ってた『仲間』っていうのはNAB?

・事件後、アウラの庭園にてアウラに挨拶をするデビッドらしきPCのシルエットと、それに微笑み返すアウラのシーンが追加。
 デビッドは珍しく、悪人面の味方重要キャラだったなぁ。
 このまま退場させるにはキャラ的にも惜しい人材だったし、是非生きてて欲しいところだけど…

・帰還した田中が、クラスメイトに『あれ以来、ヘンな夢見るんだ。外国の湖の…』と話すシーン。



(追記:7/9くらい)
これを書いてる現在、フリューゲル主人公のweb小説として『.hack//bullet』が連載中。
本当は最後まで公開されてからまとめて読むつもりだったけど、我慢できずに現状公開分まで一気読み。

天城城太郎はリアルに復帰後、番匠屋淳と喧嘩しちゃった2015年あたり以降の記憶を失ってた。
けど2023年、ガイストらしき影が暗躍中?
死んだ『VERSUS:The World』のCC社プロデューサーは何かに怯えていた?
再びフリューゲルにシックザールPCを使わせて追加依頼したかったことは?
時間軸が2023年ってことは、Quantamと同時期かちょっと前くらい?
タナトスレポートでフリューゲルはmamaについてとか色々調べた後だったっぽいけど、てことはフリューゲルはQuantamでの事件や劇場版の出来事も独自に把握してたっぽい? トキオとはLinkでの事件後も連絡を取ってたっぽいし、状況を考えるとトキオの言う『仲間』のひとりはまず間違いなくフリューゲルだろうけど。
なんか気になることがいろいろあるけど、ひとまずはweb小説完結待ちか。
そういえばタナトスレポートでフリューゲルがパイにアカシャ盤以来だとか言ってたけど、パイのPCは本人だったんだっけ? てっきりLink時点での歴代キャラは全員放浪AIみたいなもんだと思ってたけど、そうなるとヘルバとかあたりも本人だったりしたんだろうか。



ついでに今更Link絶対包囲パックに付属だった冊子を読んだけど、Link制作の時点で劇場版の話はもうあらかた出来てたっぽいなこれ。
エマ・ウィーラントはmama所属だったとかも書かれてる。 …これってLinkが初出… で、いいんだよね? たぶん… いかん、関連資料をとりあえず確保してそのまま見ずに放置しまくってたから、所持してる資料の量のわりに全然把握できてない気がする…

.hack//bulletがどう終わるか分からないから何とも言えないけど、これってまだまだ3rdシーズンでやるべきこと残りまくってね?
bulletにてガイスト暗躍疑惑(bullet内で回収される?)、タナトスレポートにて田中が回収したオリジン、Versusにてトキオと『仲間』のやるべきこと… と、後々一本に繋がりそうなことが各作品に散らばりまくり。
ついでにチャップチョップや小説ZEROも一応(Linkのゲーム内でのアレとは別に)きちんとやりたいみたいなことをどこかで言ってた気がするし、Quantamにて玲子のシャムロックPCを使ってのオーヴァン探しらしき行動とかサクヤ達とハーミットの再開とかもモヤモヤするから出来ればちゃんとやってほしいし、まだまだ.hackは続きそうで何より。
関連記事
スポンサーサイト

| .hack//シリーズ | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/1735-3e32de21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT