ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニャル子さん新刊読了(※原作9巻ネタバレ注意)

以下、最新9巻のネタバレがあるのでアニメ派や未読の人は注意。



最近、ホント積読が増えたなぁ。
ほんの5年くらい前まで、買った本は当日~翌日にはだいたい読み終えてたのに。


ラヴクラフト最大の誤算こと「這いよれ!ニャル子さん」といえば、クトゥルーネタだけじゃなくその他ゲーム・アニメ・漫画・ラノベ・特撮・映画・ドラマ・音楽・一般書籍・時事ネタなどなどキ○ガイじみた(褒め言葉)膨大な量のパロディネタが売りで、全頁がそれで構成されていると言っても過言ではなく、だんだん何でもない単語や一文までが何かのパロディなんじゃないかと疑いたくなってくるくらいカオスでハイテンションなコメディタッチのノリなわけです。
過去記事のどこかでも何度か触れていますが、アニメではあれでもかなり押さえ気味なので、アニメでニャル子さんが好きになった人達は是非原作小説も読んでみてください。

どれだけシリアスっぽく話が展開しても、最後には必ずしょーもないオチが待っているのがお約束であり、当然我々読者もそれを期待しているわけです。たぶん。
今月に出た9巻も、いつもよりシリアス成分が気持ち多めに感じましたが、やっぱりオチはしょーもなかったりでなにはともあれ無事にハッピーエンド…

とおもいきや、ここにきて(たぶん)重大な設定が明らかに。
(一応ネタバレ反転→)理由は不明だけど、真尋は時間の制限を無視できる異常体質であることが発覚。(←ここまで)
この設定が今後の展開を左右する… かどうかは著者のみぞ知るセカイ。
新たに風呂敷を広げてきたのか、逆に物語を畳もうとしてるからこそ出てきた設定なのか、わりとあっさり次巻あたりで判明する秘密なのかまるで分かりませんが、ますます目が離せません。


そしてもうひとつ、個人的に以外だったのが、暮井が真尋争奪戦に参加する可能性が出てきたこと。
7巻のエピソードを見る感じだと既に諦めちゃってる雰囲気だったので、ちょっと嬉しい。
ハス太がルーヒーと良い感じになってきて争奪戦から抜けそうだし、代わりの新戦力・純人間という属性を生かして場を引っ掻き回して欲しいところ。
…まあ実際、最後に真尋が誰かとくっつくとすれば十中八九ニャル子になるだろうけど。
僅かながらのハーレムエンドの可能性を信じて。
いいじゃないか、人間の嫁だけじゃなくクトゥルフの邪神どもまで侍らせる主人公の図。



(追記:2013年4月 原作11巻発売の頃)


 暮井正式参戦キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 …これだけ追記するのに、まさか1年前の記事を探すことになるとは予想外。
 素直に新記事作成すれば良かった。
関連記事
スポンサーサイト

| 雑記 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/1713-99b18fa1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT