ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『るろうに剣心』文庫版 刊行開始

JC版・完全版・コンビニ廉価版ときて、ついに文庫コミック版。

全14巻予定だそうで、素直に計算すればJC2冊分を文庫1冊に収めていけば、JC全28巻なのでちょうど14冊。
JC版のおまけで収録されていた読切版るろ剣各種もちゃんと巻末収録されているようなので、おそらく計算合ってるハズ。
最終巻はおそらく完全版と同じように、メテオストライクの代わりに弥彦の逆刃刀が収録かと。

ちなみに、表紙絵以外の書き下ろしおまけ要素は特に無しっぽい。少なくとも1・2巻は。
制作秘話とか手書きの雑談も削除。
見たい人はJC版か、制作秘話だけなら初版限定付録のついていた完全版という手も。

文庫版だと、こういう「ちょっとうれしいおまけ」が削除されてることが多いのがネック。
同じ理由で、収納スペースの都合からダイの大冒険を文庫版で買い揃え直したいんだけど、文庫版だと各キャラクターのゲーム風ステータスのおまけが削除されてるっぽいせいで、未だにJC版を売り払えない。



(追記:7/19 14巻まで発売)
最後はやっぱりメテオ削除で弥彦の逆刃刀収録。ついでに剣心華伝の「春に桜」も。
単行本描きおろしは、表紙以外はもう徹底して削除でした。
文庫版のあとがきとかも特になし。
ホントに、るろ剣本編の内容だけ見たい人向けですかね。 > 文庫版

ちなみにガンブレの文庫版は再筆とかあって良かった。
るろ剣文庫版に無かったのは完全版でがっつりやったからかな。

まあこのあと8~9月にかけて、るろ剣の関連書籍が数冊出るからそちらに期待しましょうということで。
(/追記ここまで)


…で、今度連載されるらしい新作エピソードはどうなるんだろう。
いやJCとしては確実に出るだろうけど、文庫版的な意味で。

それはさておき、1月から文庫版刊行開始で月2冊、7月で14冊。
8月の実写映画公開を見据えた刊行なのが見え見えで、映画といえば集英社はどこまでメディアミックスでるろ剣をレイプすれば気が済むのか、エロゲもびっくりの鬼畜っぷり。
でもその映画公開の一環で和月製新作エピソードを見られると思うと、こう、なんとも言えない気分に。
いやでもレイプ犯なのは間違いないわけで… ぐぬぬ。


ところで和月伸宏短編集は出ないんですか。
『戦国の三日月』は今までのようにるろ剣文庫版にも収録されるだろうから、
『北陸幽霊小話』
『メテオストライク』
『エンバーミング-DEAD BODY and BRIDE-』
『エンバーミングII-DEAD BODY and LOVER-』
と4本もあれば十分単行本でいけそうな。
足りなきゃ三日月でも弥彦の逆刃刀でもいいから再録して。
いいかげん、エンバーミングIIを単行本に収録してくだしあ。
関連記事
スポンサーサイト

| るろうに剣心 | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/1687-2c51715f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT