ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ネタバレ注意】アニメ版ましろ色シンフォニー

記事タイのとおり、ネタバレ注意。
あとついでに全然関係ないカミカゼ☆エクスプローラー!のネタバレにも若干注意。


ましろ色の展開…なんというか、聖闘士星矢で例えるなら、
星矢が暗黒ペガサスの黒死拳でそのままラストまでフェードアウト、
紫龍と氷河はモブよりちょっと優遇される程度の扱いで、
瞬が自力で一輝と決着つけちゃいました、的な。

いや違うか。
恋愛モノをバトルモノで例えるのは難しい。
あ、ジャンプで例えるならむしろアレか、某河下水希作品か。


この作品のことはアニメ化して存在を知った、原作未プレイ組の私。
最初はエロゲ原作ということで、絶対中盤あたりから作画崩壊やらグダグダ展開やら、なんらかのネタ方面で話題になるかと勝手に予想して、それをリアルタイムでニヤニヤするつもりで見続けようという、ちょっと悪趣味な気持ちでいたわけなんですがね。

正直、最近のアニメを舐めてた。良い意味で裏切られた。普通に面白い。
作画も崩壊と称するほどヤバイ回が全然ないし。
ストーリーの展開も、全体的に丁寧に作られてるなーというのが現時点の印象。


で。

アニメ「ましろ色シンフォニー」の10話で夜中の2ちゃんねるが阿鼻叫喚の大騒動にwwwww - 【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

こんな感じで既に話題になってるっぽいですが、なんだかんだで私も展開にびっくりしたクチ。
これって序盤の描写を見る感じ、アイリがいわゆるメインヒロインだと思ってたのに、まさかの脇役落ち展開。
いや、まだ全話放送終了してないし、今後どうなるかはまだ分かりませんけど、ここからの残り話数で別の世界線に飛ぶようなことはまず無いだろうし。これって1クールアニメですよね? 2クールなら逆にみう先輩のかませポジ確定だと思いますが。
主人公も性格からしてこのままみう先輩一筋だろうし、仮にハーレムエンドっぽい展開に今後変わるのはまだあり得るとしても、アイリ個別ルートはまず消えただろうと。

ギャルゲ・エロゲ原作のアニメをそれほど見ているわけじゃないのですが、最近はアマガミとかヨスガとか、古くはこの青空に約束をとか、つよきs…いやなんでもない。つよきすにアニメなんて無かった。うん無かった。 
とにかくその手の作品といえば、各ヒロインルートを数話ずつに区切ってとかメインヒロインルートをベースにとかがお約束だと思い込んでいたので、サブヒロインルート(みう先輩って原作だとサブヒロインって認識でいいんだよね?)をベースにするのはなかなか私の中で新鮮でした。
やー、全然アリなんじゃないでしょうか。繰り返しますが展開が丁寧に作られてるし、面白いですよコレ。
ここまで見続けてるし、このまま最後まで期待。
ちなみに上記リンク先で話題になってるサナについては、いくらなんでも主人公をクズと罵り過ぎだったので、アレで好きになってほしいとか無茶言うなとは思った。むしろ普通に彼女を親友扱いしてる主人公が聖人すぎ。
でもなんかPSP移植版で攻略可能らしいのでちょっと興味はある。
でもTH2DXでエロ無しエロゲなんてやるもんじゃないという先入観ができてしまったので躊躇してしまう。
でもさすがにあのアニメ展開を見た後だと、幸せな結末を迎えたサナというのも見てみたい。
でもエロ無しエロゲ(ry 以下ループ。ああジレンマ。


カミカゼもアニメ化しないかな。
2クールくらいで、原作には無かったハーレムルートで。作中のアレコレを全部解決するのにはたぶん全ヒロインルートをごった煮にする必要あるだろうし。
主軸のシナリオと能力バトル中心っぽい構成でいけば結構ウケると思うんだけどなー… エロシーンでの各ヒロインとのイチャイチャっぷりを無くすのは非常に惜しいけど…特にくるくるとか非常に惜しいけど…!
展開がかなり王道路線だし、各能力名も良い感じに厨二病を患ってるし。あのセンスは全然アリだと思う。
なによりどのヒロインとも文句なしのスッキリハッピーエンドだし。

まあアニメ化よりもファンディスク出して欲しいけど。
あまつみそらに!も。
スズノネセブンは…アニメ化? 今更難しいのかな。面白いんだけどな。流行ってほしい。
クロシェット作品のおかげですっかり姫ノ木あくシナリオにハマってしまった。


(追記)
最終話目前にして原作ゲーム(PC版)を駆け足気味にざっとプレイ。
やっぱり以下がっつりネタバレにつき注意。

こうしてみると、アニメは途中まで順当に愛理ルートだったんですね…
具体的には、4話くらいまでは愛理関連の選択肢を選んだイベントで共通ルート。
5~6話あたりは愛理・アンジェ・みうの各ルートを愛理ルートベース?で並行して消化…で、段々と愛理の存在がみうルートに埋もれていって、7~8話あたり、気がついた時には既にみうルート確定していたカンジ。

アンジェは単純に「旦那様候補を見つけた」という上手い落ちどころにして自然にフェードアウトしていたけど、個人的には原作ルートの中ではアンジェが一番好きです。気持ちが通じ合って以降は何の心配もなく延々とイチャイチャしてるのとか、それでいて最後は綺麗にまとまってるところとか。
なんとなくアンジェは、原作の他ヒロインルートでも将来は主人公のメイドとして仕えるようになるのが一番幸せな結末のような気が。

沙凪の存在感が妙に強いのは、元々原作のみうルートでそうだったからなんですね。
これは確かにPSP版で追加されたらしい沙凪ルートがどれだけデレるのか気になる。
…けど、正直、アニメや原作みうルートでは自業自得、まったく同情できない。いくらなんでもクズクズ言い過ぎ、表向きのデレが皆無なのにツンキツ過ぎ。アスカやハルヒが可愛く見えるレベル。彼女を早い段階から友人枠に収めた主人公の懐の深さを、空気関連の事情を考慮に入れても尊敬できる。
…ただ、それでもアニメ版での泣くシーンは演出と声優さんの演技がとても素晴らしい。原作より好きかも。

桜乃に関しては、妹関連の比較的暗い展開事情よりも、原作ルートだと途中に雰囲気の悪い統合廃止関連があるせいで省かれたのかな? と、なんとなく。もしくは単純に、他キャラルートでの妹役・サブキャラに徹してるキャラのほうが味が出てるから、とか。あの不思議な存在感は確かにおいしい。
ちなみにヨスガの後追いを避けた、という線はさすがに邪推しすぎか。向こうは元々メインヒロインで、あくまでこちらはサブヒロインルートだったわけだし、そもそも他作品をそこまで意識して作ってないだろうし。

愛理はホント、ビックリするくらい見事な転落…まさに、どうしてこうなった…
個人的にみう先輩はアンジェの次に好きだからアニメルート歓迎だけど、それでも愛理に同情せざるを得ない。

この追記文を書いている時点で、残る放送は最終話だけなのですが、現状だとあとはぱんにゃ関連を上手くまとめて、みうハッピーエンド…が、一番無難なハズだけど…
どうも関連情報を少し調べてみたら、ただのみうエンドではない? っぽいことをアニメ関係者がどこかで言っていたらしい? ちょっと詳細不明なのですが。

ただのみうルートではないとすると…
ここから大逆転で愛理の正ヒロインエンド?
沙凪の略奪愛エンド?
アンジェの押しかけ女房エンド?
愛理以上のウルトラCで桜乃エンド?
主人公覚醒、もしくは逆襲の負け組ヒロインズ突貫で、原作には無かったハーレムルート突入→BD最終巻のテレビ未放送話とか作っちゃってハーレムH解禁?

…そういえば、最終話予告は主人公とぱんにゃ…
まさか、異種族の壁を越えて真実の愛に目覚めたぱんにゃルート?

やー、今期アニメではコレが予想外に丁寧に作っていてハマったのと、個人的に期待していた「マジこい」「はがない」あたりが微妙だったせいもあって、なんだかんだで一番楽しみだった作品かもしれない。
最終話も今から楽しみだ。


(追記2:最終話視聴)
基本はやっぱりみう先輩の後半ルート、ぱんにゃ関連の話が中心でしたね。
違ったのは、アニメ版では主人公じゃなく沙凪が次期部長。
それから桜乃の結女制服が今年度中にお目見え。
PSP版の追加ヒロインがちょっとだけゲスト出演。
そして愛理ルート終盤の署名の話を簡単に。ヒロイン落ちで主人公とのイチャイチャがなかったおかげで、とくに問題なくすんなり皆が署名賛成。
原作みうルートだと微妙に曖昧だった統合廃止関連ネタに愛理ルートの署名を混ぜることによって、恋愛関連だけじゃなく学園統合関連にもすっきり決着をつけたカンジでしょうか。
見せ場的にも、原作メインヒロインの意地を見せられたかな?

アニメ全体としては結局、

みう→共通ルート冒頭の再現中心だった1話ではほとんどセリフも無かったのに、終わってみれば大勝利だった人。
BD版では全裸遭遇シーンでの光除去&B地区解禁を期待…できるのでしょうか。
ちなみに最終話のぱんにゃ関連のイベントは、原作ゲームのほうが感動できるかもしれません。
原作のエピローグでは不覚にもちょっとウルウルきた。ハッピーエンドとしては最高の形のひとつかと。

愛理→まさかのヒロイン落ちで負け組…かと思ったけど、このアニメをゲーム販促用と考えると、主人公と和解したものの「絶対に恋はしない」と言い切った彼女が、ゲーム版の個別ルートでどんなエンディングを迎えるのか気になった原作未プレイ組もそれなりに多かったのでは、と。
まあネタばれすると、びっくりするくらいデレデレになるんですけどね。
アニメ版でハマった人は一見の価値ありかも。こっちのほうがみう先輩よりよっぽどリア充爆発しろな展開。

沙凪→原作みうルートに忠実な展開なのにどうしても負け組臭が漂う、そういった意味ではかわいそうな子。
PSP版販促要員としては、愛理以上の適任者だったかも。
ぶっちゃけ沙凪ルート気になる。この子がどれだけデレるのか。
噂だと、他ヒロインと比べてダントツで長いシナリオらしいですね。

桜乃→個別ルートイベントは特になし(ラストの制服関連くらい?)で原作桜乃ファンはがっかりかもだけど、妹に徹したおかげで妙に味のある萌えキャラ枠を獲得?
ちなみにネタバレですが、原作ゲームだとハッピーエンドではあるけれど、どうしても統合廃止関連のせいで微妙にスッキリしない気持ちが残るのも事実。
他ヒロインルートがこれでもかというくらいハッピーエンドだったので、もうちょっと桜乃ルートの落としどころもどうにかならなかったのかなというのが個人的な感想でした。

アンジェ→個人的にはさりげなくみうの次に勝ち組の気配を感じます。旦那様を見つけたところでうまい具合にフェードアウト、その後はサブに徹したおかげか賑やかし担当として、キャラ的には桜乃以上においしい存在感を放っていたのではないでしょうか。


何はともあれ、アニメ版の正妻戦争(笑)終結。
今期アニメ陣の中で比べても、またはエロゲ原作アニメとしても、なかなかクオリティの高い作品だったのでは。
原作人気から放映前は期待値の高かった「はがない」「マジこい」あたりよりはBD買う価値あると思います。
…ホント、この2作はどうしてああなった…
関連記事
スポンサーサイト

| 雑記 | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/1676-6b51d841

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。