ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山田孝太郎先生マジパネェ

はがないコミックアンソロジーの話 > 記事タイトル。
アニメイト特典のイラストカードが溝口ケージさんだったので、思わず店頭で衝動買いしてしまいました。
アンソロジーなんてものを買ったの、いつ以来だろう。
手持ちの本でそれっぽいのは、.hackの4コマと、ニャルアニBOX付属小説に寄稿されてた他作家2名によるニャル子短編くらいだったので、純粋にアンソロ本と銘打たれたモノは、もしかしたら現在所持してるのはコレだけかも。



誰が参加してるとか予備知識が無い状態で買ったんですけど、
個人的に好きな作家さんが何人か参加していて思いがけず得をした衝動買いでした。
で、MF文庫の売れ筋絵師さんやアライブ連載作家陣、はがないコミカライズ担当の2人も参加してたりして、はがないファンなら買っておいて損はないかと。

で、記事タイトルを繰り返しますが山田先生マジパネェ。
ブリキ絵の似せっぷりが半端ない。
8ページしかないのが悔しい高クオリティ。
ブラスミで既に実証済みですが、この人にコミカライズを頼めば作画に関してなら確実にハズレ無しでしょう。もっと色々な作品を見てみたい。
ブラスミも面白いのでそっちをこのまま続けつつ、並行して他作品… は、難しいかなー…

アライブ版コミカライズのいたち先生は、安定して面白いですな。
完全に作品の雰囲気を掴んでるカンジ。
いくつか前のブログ記事でも言った気がしますが、いたち絵に抵抗とかブリキ絵原理主義とかでもなければ、はがないコミック版はファンなら買って損なしだと思います。

ジャンプ版コミカライズの人は1ページのみ。
まどかマギカのパロディで自分のコミカライズの宣伝でした。

他に個人的に気になったのは…
・nini先生→パラドクス・ブルーが好きだったんですが、アンソロやしゅたいんず・げーとみたいな二次創作的な雰囲気のモノよりも、純粋な(?)コミカライズ向きの人なのかなと思いました。女の子は可愛い。

・風華チルヲ先生→作画が違う人?? っぽいですが、話の展開は完全にチルヲ。アホ(褒め言葉)な夜空と星奈がもう完全にチルヲ。紛れも無くチルヲ。

・蛍たかな+ピロ式先生→アイリス・ゼロ面白いです。

・菅野まなみ先生→ひまわりさん面白いです。
上記のアイリス・ゼロと合わせて、それぞれの作品の雰囲気を持ったはがない短編というカンジでしょうか。
この2作品も原作モノよりはオリジナル作品で輝ける人達なのかなと。

・溝口ケージ先生→表紙だけなのが惜しい。同人誌の時のようなイチャイチャリア充漫画も見たかった。

・okiura先生→見開きのイラスト1枚。IS1巻の頃からと比べると徐々に着実に上手くなってるカンジ。
…ホント、ISはどうなってるんだ…イズルェ…


今後、ノベルアンソロジーも出るようなので、ちょっとチェックしてみよう。
関連記事
スポンサーサイト

| 雑記 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/1669-bceac1a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT