ちらうらにっきちょう

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゲーム三昧。

今年は個人的に気になるゲームが多いカンジで、
近年では珍しく平均月一ペースくらいでプレイしてみたいゲームが。


とりあえず現時点で…
(以下長文ちらうら注意)



まずテイルズのお祭りゲー、レディアントマイソロジー3の本編をクリア。
アホみたいに強いらしいと評判だったガンマンへと試しに転職したら、
本当に強すぎて他の職に戻れなくなってしまいました。
.hack//G.U.のハセヲXthほどではないにしても、若干反則クサい性能。
かといって他の職が弱いかといえば全くそんなことはなく、
近年のスパロボと同じく愛さえあればどの職でもラスボスまで、うん、大丈夫。イケるイケる。
それは仲間キャラも同様で、幻想水滸伝の戦闘参加キャラ並に多いし、差別化も…まあ一応されてるし、
主人公の職の豊富さも含めて戦闘面では退屈しません。おもろいです。
アカンかったところは、ストーリーが全体を通して説教臭さがクドい。なんか酷い。
お祭りゲームにストーリーなんぞほとんど求めないタイプなのですが、
さすがに今回は主軸の話以外でもそういうのが多い気がしてちょっとゲッソリ気味。
今回のテイルズ風オサレキャッチコピーは「世の中に説教するRPG」とかでいいと思います。
バトルは楽しいし武具カスタマイズや図鑑埋めなどやり込み要素はそこそこ多いので、
ストーリーなんて気にしないぜ!な人ならファンでなくとも十分楽しめるかと。
というかこのゲームをやってから興味を持ったシリーズ作品をプレイするのもありかと思います。
かくいう私もファンタジア以外のテイルズは全く知らんです。でも楽しいです。
むしろほとんど知らんキャラばかりなので「このタイトルのこいつがいない!」って不満がクラースくらいしかいないので、そのへんの不満も感じずに済んでます。


それからPSPのるろうに剣心。
本日amazonから届いたので早速少しだけプレイ。
剣心、操、薫のストーリーモードを終えたのですが…その時点での感想。
ストーリーモードの紙芝居風の味気ない進行は、まあいいです。
ただちょこちょこと許せない部分が。
キャラのアニメ風立ち絵イラストがなんか.hack//Rootsを思わせる雑さでふざけやがってなカンジとか、
駆け足でるろ剣の全ストーリーを包括しなくちゃならんという制限があったとはいえ、
なんかそのキャラらしくない台詞を言ってる気がちょこちょこしたりとか、
そもそもボイス自体が少ないうえに、本職声優じゃない連中、特に味方主要キャラの演技がなんか変とか、
武器弾きとかあって蒼紫の陰陽撥止はあるのに剣心の飛龍閃がないとか、
翁や外印といったストーリー上重要なキャラが存在自体省かれてるとか、
他にも細かいところをあげてるとちょっとキリがないんですけど、
なんかこう、うーん、ダメだろこれ。ファンゲーとしては及第点をあげたくない。
マシなところといえば、ゲーム自体はアクションゲームとしてそこそこ対戦ツールにはなりそう、かも?
個人の好みに合う合わないはあるにしろ、思ったより対戦がゲームとしてなりたってる、ような気が。
剣心で連撃を叩き込んだり、薫で刃止め→刃渡りを決めるとスカッとしたりは素直に楽しいです。不二の打ち下ろし攻撃に刃渡りバシバシ決めるウチの薫さんマジすげえ。
とは言ってもラウンド設定が出来なかったり、トレーニングモードがなかったり、
ストーリーモードはそこそこ時間がかかるのに途中セーブできなかったりと、
オプションまわりは近年にしてはちょっと不親切でダメダメなカンジですが。
初回限定のおまけの剣心閃伝も見所は和月先生直々のコメントと描き下ろしイラストのみ、しかもどちらもごくわずか。
そもそも剣心閃伝自体がPSPパッケージに説明書と同時収納可能なくらいペラいので、
正直、無理して初回限定版を買う必要も無かったです。
おそらく大方のファンの悪い意味で予想通りであろう、全体的に期待を裏切る割合がでかいカンジ。
それでも私のようにるろうに剣心が好きなのであれば、ファンアイテムと割り切って買うのもアリかと。
ヘタしたらこれが最後の単品ゲーム化もしれませんし。


次に控えてるのは、4月発売の「第2次スパロボZ」。
その次は5月に延期した「ハルヒの追想」。
その他、これから発売で気になっているのは「FF4コンプリート」。
発売済みで気になっているのは「ディスガイア4」「ルンファクオーシャンズ」。
ああ、エルシャダイもネタ関係なく純粋にゲームとして面白そうなので少し気になってます。


うわーこんだけゲームに興味を持つのも何年ぶりだろう。
その一方で、3DSにはまったく興味を惹かれないのもなぜだろう。
むしろDSiLLの巨大画面で無限フロシリーズをプレイしたいので欲しい。
関連記事
スポンサーサイト

| 雑記 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://butimake.blog71.fc2.com/tb.php/1652-89c3a600

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。