ちらうらにっきちょう

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『.hack//The Movie』2012年1月公開予定

劇場版「ドットハック」サイバーコネクトツー開発者サイト

.hack//The Movie 公式サイト


メインキャラクター:
 ・有城そら=カイト(声:桜庭ななみ)
 ・田中翔=ゴンドー(声:松坂桃季)
 ・岡野智彦=バルドル(声:田中圭)

舞台は2024年。
『Link』で予告されていた「そら」が主役の話は、3D映画でしたっていう。

≫ Read More

スポンサーサイト

| .hack//シリーズ | 14:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライダージェネレーションが予想外に面白い

DSの仮面ライダーのゲームを買ったんですよ。

Amazon.co.jp: オール仮面ライダー ライダージェネレーション

プレイアブルキャラは、歴代主役ライダー + 伊達さんバース。
ゲームシステムは、いわゆるファイナルファイト。ベルトスクロールアクションっていうんでしたっけ?
3段階(条件を満たすと5段階)の難易度を選べて、一度クリアしたステージはエリアごとにセレクト可能という親切設計。いきなりボス戦とかも可能。
低難易度だとアクション苦手な人でもサクサク進める手軽さ、最高難易度だと油断すればレベルMAXでも即死できる歯応え。

バンナムのキャラゲーにしては、奇跡的に無難な面白さ…って日本語がおかしい気もしますが。
ステージクリア型のアクションゲー、キャラの成長要素、キャラゲーらしくたくさんの使用キャラと、シンプルだけどそれが幸いして無難に面白く仕上がったカンジ。ある意味「仮面ライダー倶楽部」の正統進化。少なくともクラヒーシリーズよりは。
プレイアブルキャラを主役のみ(バースはゲーム発売時点でオーズ放映中なので例外として)に絞ってあるのも、贔屓を感じさせずにまとまっていて好印象。
なにより想像以上にキャラ絵がぐりぐり動いていて、ここまで動くならDSの小さな画面ではなくテレビに繋げるハードでやりたかったかも。

セーブが一個しか作れないとか、敵キャラの種類が少ないとか、ほかにも厳しい目で見れば不満もそれなりにあるけど、シリーズ1作目として考えれば十分すぎる完成度ではないかと。
これはバンナムじゃなくて制作会社の手柄か。

キャラゲーとしてはかなり頑張ってるし、おそらく真・ZO・Jみたいなマイナーどころをここまでまともに操作できるライダーゲーなんて今後そうそう出てこないと思うので、面白いキャラゲーを探している人は試しにコレ買ってみても損はないかと。

サブライダーや敵キャラを追加した次回作も是非頑張って作ってほしいけど、どうなんだろう。

| ゲーム総合 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |