ちらうらにっきちょう

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

漫画関連記事サルベージ

以前「ニュース、サイト」カテゴリで扱った漫画関連記事のサルベージ。

(記事内容修正 2008.3/11)
2008年3/13からの更新形式変更以前の記事が対象。
以降、サルベージ漏れは発見次第追加。

<2008年↓>

(2008.2/21)オタク別、これを言えばたいてい怒る禁句集
(2008.1/30)オタク第一世代の証言から - たけくまメモ
(2008.1/24)海外漫画ファンの疑問「乳首はどこへ消えた?」 - お茶妖精



<2007年↓>

(2007.12/27)いきなり姉妹が19人も現れる電撃G’s magazineの企画「BabyPrincess」 - GIGAZINE
 ※漫画かどうか分かりませんが、どのカテゴリーに入れたらいいのか分からなかったのでここに…
(2007.12/13)クオリティー高いまま完結した漫画 - VIPPERな俺
(2007.12/13)フルメタル・パニック!が「このライトノベルがすごい!2008」にて一位を獲得しました
(2007.12/08)ジャンプSQが2号連続で増刷決定
(2007.07/18)コミックボンボン、読者数減で12月号で休刊へ - GIGAZINE
(2007.02/23)かつては味方だったはずの仮面ライダーと人類との戦い「Hybrid Insector」 - GIGAZINE

スポンサーサイト

| (旧 アニメ・漫画) | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニメ関連記事サルベージ

「ニュース、サイト」カテゴリで扱ったアニメ関連記事のサルベージ。


(記事内容修正 2008.3/11)
(~から移動)となっているものは、カテゴリ整理に伴い当時のコメントごと元記事からここへ移動させたものです。
2008年3/13からの更新形式変更以前の記事が対象。
以降、サルベージ漏れは発見次第追加。


<2008年↓>

(2008.02/29)よしながふみの人気コミック「西洋骨董洋菓子店」アニメ化決定!
(2008.02/21)後藤邑子ってだれ?謎のブログ人気急上昇 ガッキーら上回る勢い - MSN産経ニュース
(2008.02/21)オタク別、これを言えばたいてい怒る禁句集
(2008.02/10)【萌え】二次元どころか、幼い声も児童ポルノに認定する動き【即死】 - ちょっとアレなニュース
(2008.02/09)伝説の料理番組「料理の鉄人」 アメリカでアニメ化決定 - ニュース超速報!
(2008.01/30)オタク第一世代の証言から - たけくまメモ
(2008.01/27)テレビ朝日「人気アニメの声をやっている人の顔を全部見せちゃうよ!ベスト20」1月27日放送
(2008.01/24)よせばいいのにヤッターマン公式BBSが削除の嵐 - おはら汁(緊急避難場所)
(2008.01/21)金田朋子語録 - アルファルファモザイク
(2008.01/17)【ヤッターマン】 主題歌作者の山本正之氏、世良のカバーに落胆…読売テレビ・プロデューサーの独断に戸惑いも - 痛いニュース(ノ∀`)



<2007年↓>

(2007.12/14)原作破壊のアニメ「ネウロ」に脚本改善署名運動が始まる - にゅーあきばどっとこむ
(2007.12/10)(画像)仮面ライダー「や、やめろぉぉ!!」 - そんなあなたに
(2007.12/08)ロボットアニメの主題歌だけで紅白歌合戦するとしたら - VIPPERな俺
(2007.11/06)DVD-BOX『爆走兄弟レッツ&ゴー』がクソ仕様すぎて購入者の怒り爆発!! - ニュー速クオリティ
(2007.10/10)アニメ製作会社AICがWinnyを使用しアニメの予算表等を流出 - 酔拳の王 だんげの方
(2007.09/01)山ちゃん「アニメに芸人使うなよ」 - ⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto
(2007.07/17)しんちゃん 仮面ライダーに変身! - スポニチ
(2007.07/11)新デザインでV3登場、仮面ライダー - asahi.com



<2006年↓>

(2006.10/05より移動)「トップをねらえ」合体劇場版の公開がアキバでスタート
うーん、見たい…もの凄く見たいけど…
DVD待ちかな、とりあえず…

(2006.10/05より移動)スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ
おいぃぃぃーーー!?く、くく、クォブレー!?
ディス・アストラナガン vs アストラナガン!?
インフィニティシリンダーvsアインソフオウル!?

し、初っ端になんてことをかましてくれるんだ…
いや~…もう、いい意味で色々と裏切られました。
作画もOVAと比べると、マシな感じ。ロボのCG戦闘は、今後に期待。
これは予定を変更して、超期待して毎週チェックします。
とりあえずテンザンの声がかなりイメージどおりでイイカンジでした。
あとは…オープニングのエクセ姉さん萌え。早くATXチーム出てこないかしら。
どうでもいいけど、これゲームやってない人はさっぱりですよね、スタートのこぶvsいんぐらさんのシーン。

(2006.08/18)ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文(仮)
(2006.07/30)千秋が“ドラミちゃん”新声優に!
(2006.07/19)涼宮ハルヒの憂鬱 ダンス(ゾンビーズ)
(2006.04/28)公式ブログとmixiをめぐる騒動について - ガイナックス取締役辞任
(2006.03/01)実写版ドラえもん放送決定、のび太役はえなりかずきに


(追記:2008.03/13)
カテゴリ整理の一環で、(旧・アニメ)カテゴリ内の記事もひとまとめ。

2008年3/13以前のアニメ関連記事は、このエントリ内だけ見れば全部です。
いちおう当時のエントリも記念に残しておいてますが、コメントごとサルベったので内容はここと一緒です。
サルベージ漏れは発見次第、順次追加。

ただし、他のカテゴリやエントリに振り分けた or 振り分けられるモノは、該当場所へ移動させ次第、予告無しにこのエントリからは消えている or 消えていく予定です。

「続きを読む」以降にて。

≫ Read More

| (旧 アニメ・漫画) | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続々出てくる神MAD

体調が幾分マシになったので、記事アップしてみます。


以前から気になっていた「ひだまり×ハルヒ」の動画が完成したようなので、最近ヘビーローテで見ているお気に入りMADも含めてついでに紹介。

≫ Read More

| (旧 アニメ・漫画) | 10:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぱにゃ☆すた、よつばと、1000%ハルヒ アニメMAD漁り

ニコニコ動画で、MADばっかり漁ってます。

≫ Read More

| (旧 アニメ・漫画) | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「月面兎兵器ミーナ 」あの電車男の… 2006/09/24

月面兎兵器ミーナ
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
いや、まぁ…いいんですけどね…
ゲストで山田孝之や伊藤淳史が何かのキャラの声優をやったりするんでしょうかね。
…いや、さすがにそれはないか。



そんなことより、武装錬金&スパロボまであと10日!
掌握、決意、そして咆哮!が声付きで!…あるよね?そこ…

正直、スパロボの方はあまり期待できませんが(アニバスターやOVAOGのこともあるので)。面白かったら儲けもん、くらいで。

| (旧 アニメ・漫画) | 01:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦隊30周年、ライダー35周年、ウルトラマン40周年 2006/09/15 

アニメというよりは特撮の話題になっちゃうんですけど。
今年はスーパー戦隊30周年仮面ライダー35周年ウルトラマン40周年らしいですね。
それぞれ、現在放映中の轟轟戦隊ボウケンジャー仮面ライダーカブトウルトラマンメビウスというのが記念作らしいです。

特撮は結構好きなんですが、残念ながら私には語れるほど知識がありません。
上記の作品名も、今調べて知ったくらいなんですけど…
でも、特撮ヒーロー独特の変身シーンとか名乗りをあげるシーンは大好きで、カッコイイMADムービーとかを見つけると延々と見続けたりしちゃいます。

というわけで、今日は最近見つけた特撮関連のMADムービーをご紹介。



ウルトラマンシリーズ
初代ウルトラマン~最新のウルトラマンメビウスまで、歴代ウルトラマンをまとめた動画。
比較的新しい作品のウルトラマンは、なんか容姿がロボットというか、メタルヒーローというか…すごいことになってたんですね。
昔のウルトラマン達が貧相に見えちゃう。

スーパー戦隊シリーズ
最新作品のボウケンジャーOP曲に合わせて、歴代のレッドが次々と紹介されていきます。
永井大(旧永井マサル)とか塩谷瞬とか金子昇とか、今では普通にドラマやバラエティーで見かける人達がちらほら。
確か、永井大やオダギリジョーあたりから、特撮出身の男性俳優が脚光を浴びるようになったんでしたっけ?
それ以前だと、この戦隊シリーズの動画では嶋大介くらいしか、テレビでよく見かける人っていないですもんね…
やっぱり子供番組向けのイメージがついちゃって、他の仕事が取りにくかったんでしょうか、昔は。
中には特撮に出てたことを無かったことにしたい人もいるみたいですし。誰とは言いませんが。

仮面ライダーシリーズ
歴代仮面ライダーの変身シーン。これだけ連続で見せられると圧巻です。
でも平成あたりからライダー増えすぎw
クウガやアギトはバリエーション多すぎ、龍騎や響鬼はライダー多すぎ。
まあ、でもカッコイイのでアリです。
私見では、スーパー戦隊より、ライダーのほうが現在も活躍してる俳優さんが多そうなカンジですね。特に平成以降。
一番ビックリしたのは、細川茂樹がライダー役なことかな。
嶋大介(ライブマン)以来の、既に活躍中の俳優さんの特撮ヒーロー抜擢ではないでしょうか。
や、私の知る限りなので、もしかしたら間に誰かいるかもしれませんが。

(2007.08/28追記 別カテゴリにて紹介したものをこっちにも)
●メタルヒーローシリーズ OPメドレー その1‐ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/am181431




…よくよく考えると、とんでもない数のヒーローがいるんですね。
これらの他にも、マイナーなヒーローが色々いるわけですもんね…
日本ってどれだけピンチなんでしょうね。

そういえば、ジャンプ原作漫画並に、キャラゲーに恵まれないイメージがある特撮物(特に平成ライダー?)。
…なんだかバン○イが諸悪の根源な気がしないでもないですが。
キャラゲーなのにキャラをおざなりにして、なおかつゲーム自体もやっつけ的なもので、売れるワケがないのに。
なんでそんな簡単なことも分からないんでしょうかね、あそこの会社は。

同じ系列でも、バンプレストのスパロボスタッフ、特にαシリーズを手がけたスタッフあたりに、本格的にキャラゲーを作ってもらえば、かなり良作のキャラゲー(少なくとも今までのよりだいぶマシな物)を作ってくれる気がします。
スーパーヒーロー作戦も、バランスが全体的に大味なのと、ウルトラ兄弟やメダルダーがラスボス戦に連れて行けなかったのを除けば、それなりに楽しめた気がします。
なにより、古くからのファンはヒーロー戦記やグレイトバトルシリーズ等、良作キャラゲーも経験してるでしょうし、同意してくれる人も多いと思うんですが…どうでしょう。

…え?
特撮大戦?
ダイダルの野望?
ナニソレ?ワタシ ワカラナイ。

| (旧 アニメ・漫画) | 02:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新海誠監督「秒速5センチメートル」予告編、他 2006/07/12

続いて2つ目、アニメの話題。
ちょっと新海誠監督のが気になったんで~。


Yahoo!、新海誠監督の新作「秒速5センチメートル」予告編をHD映像で配信
新海誠氏は、友人の家で「ほしのこえ」を見て初めて知りました。
あれ、ほぼ1人で作ったんですよね…かなり面白かったです。

NIGHT HEAD GENESIS
うわ、懐かしい!これって実写で昔やってましたよね。
…ごめんなさい。実写版、見たこと無いです。存在を知ってただけです。

「ドラゴンクエスト」DVD-BOX発売
勇者アベルのやつですか。ちょっと見たいかも。
実は放送時間帯が変わった後の話、見れなかったからよく知らないんですよね。
なので私の記憶は、突然おばあちゃんがその後の話を語りだすのが最終回です。

| (旧 アニメ・漫画) | 01:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漫画が読めない?

マンガが読めない子供たちへ・・・

漫画の読み方が分からないって…これ、さりげなく深刻だと思うんですが。
記事の内容を少々穿ったカンジで要約すると、漫画が大衆娯楽のひとつから、一般人からちょっとかけ離れた単なるオタク文化になりつつあるってことでしょうか?
いや、確かに少なからず漫画やゲームにはそういう面がありますけど…もっと気軽に楽しむものだと思うんですけどね。
いっそのこと、学校で教えちゃえばいいんじゃないかな。国語とかで。
教師がドラゴンボールとかの単行本を片手に、真面目に解説するわけですよ。
「このふきだしの台詞は、誰が言ったものでしょうか?」とか。
「このコマにある5つの台詞を正しい流れに並べると、こうなって…」とか。
「この『ドカッ』『バキッ』というのは擬音というもので…」とか。
「ここでこのキャラが下着を身に着けていないのは、いわゆる『読者サービス』というもので…」とか。
ユー教えちゃいなよ。

…なんか色々とバカだなぁ。主にこんな発想をする俺が。

| (旧 アニメ・漫画) | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魔法先生ネギま! = 萌え + 燃え


注:「魔法先生ネギま!」単行本派の方々には、以下ネタバレ部分が含まれます。


マガジンのネギま!が中々面白いです。

ネギま!といえば、硬派なマガジンの「萌え路線」強化へのA級戦犯(いや悪くはないと思うけど)、「ラブひな」の赤松健先生が現在、同週刊少年誌で好評連載中。
主人公は10歳の天才少年で英語の教師で魔法使い。
ヒロインは31人のクラスメイト+α。
ラブひなで人気だったちょっとエッチなラブコメ展開はそのままに、魔法を使ったシリアスなバトルのパートも多い今作。
…それなりにネームバリューのある作品だから今更説明は要らないか。しちゃったけど。

で、面白いのはその「シリアス」「バトル」の部分。
本誌では今、ありそうながら読者のほとんどが(たぶん)予想してなかった展開を見せています。
以下、マガジン本誌ネタバレ含みます。

《100年後の未来から来たことが判明したクラスメイトの1人・天才「超鈴音(チャオ・リンシェン)」は、一般人には絶対に秘密である魔法の存在を全世界にバラすため、着々とその準備を進めていた。
学園都市にある「世界樹」が22年に1度の大魔力を解放する、今年の学園祭…彼女はその時を狙って何かを計画しているらしい。

世界樹の魔力が最も高まるのは、学園祭の3日目。
その前夜、主人公のネギ先生とその仲間のクラスメイト達は、チャオの計画を阻止するための作戦会議。
様々な思惑が去来する中、ついに訪れる運命の日。
意を決して動き始めるネギ先生達だったが…
 
チャオの罠で、1週間後の未来に飛ばされてしまう。

着いた未来の世界は、チャオの計画が成功し「魔法の存在が全世界にバレて混乱し始めた世界」。

計画が実行される前の過去に戻る方法を探すネギ先生達だったが、頼みの綱のタイムマシン「カシオペア」は既に使い物にならず、ネギ先生はチャオを止められなかった責任を問われ学園の地下に幽閉され、状況に困惑する仲間達の所にも学園からの刺客・魔法先生達が迫っていた。

このまま自分達も捕まってしまえば、全てが終わってしまう。
ネギ先生を助けるため、そしてチャオの計画を白紙に戻すため…
刺客の魔法先生達と話し合うか、それとも戦うか、彼女達は決断を迫られていた。》


…と、ここ最近のメインシナリオ部分のあらすじを、今週分まで含めてまとめるとこんなカンジ。
実際にネギま!を読めば分かると思いますが、上記のまとめはかなり乱暴です。まあ気にしない。
読んだことない人はこの説明で少し興味をもってくれたら幸いです。

これまでにもこのようなシリアス話は何度かあったのですが、それらに共通して言えるのは、往年の週刊ジャンプの漫画を思わせる王道バトル展開。熱いんです、意外と。
特に魔法に関する描写、設定等は「BASTARD!!」にも劣らないと思います。
バスタファンの方は反論あると思いますが、それについて詳しく語ると長くなるので(ってか、この文を書いてるうちにめどいカンジになってきたので)今はこれ以上言うのはやめます。
機会があれば、ということで。
私はバスタもリアルタイムで単行本を集めるくらい大好きなので、決してネギま!を必要以上に、あるいは根拠無く持ち上げているわけでは無いとだけ言っておきます。

ただ、どんなに取り繕おうと根本的に萌え漫画の枠を出きることは無いネギま!。
ですが、作品の中に「友情・努力・勝利」の三原則が含まれていて、ある意味今のジャンプ漫画群よりも「ジャンプ漫画」してるのも事実だと思うんです。

かつての人気作家達はほとんどジャンプを去り、大好きだった「聖闘士星矢」のアニメ関連で近年作者に裏切られ、看板漫画以外は変化球ばかりになってしまった今のジャンプ漫画に物足りなさを感じていた自分が、まさか赤松先生の作品で自分の好きな「熱血」分、「王道バトル」分を補給することになるとはネギま!の連載開始時には正直想像してませんでした。


…あー、えーと。
熱血王道バトルな展開が大好きですが、もちろんエロいのも大好物ですよ?
てんで性悪キューピッドとか。
…古いって言うな。

| (旧 アニメ・漫画) | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

直球じゃなくても、エロいものはエロいんです。

今テレビを見ていたらジャッキーが!新作なの!?新作映画なの!?
…と思ったらパチンコのCMでした。
(ノД`)ヌカヨロコビカヨ

ジャンプで最近連載が始まった「To LOVEる -とらぶる-」がヤバいです。
何がって、内容のつまらなさ加減が。
面白い or 面白くないっていうのは個人で違うからこれが好きな人の意見を否定する気はまったく無いですけど、エロけりゃいいってもんじゃないと思うわけで…

まあ「いちご100%」が終了して以来不在だった、ジャンプ読者待望の「ラブコメ枠」「お色気系漫画担当」としてそれなりに注目や人気は得ると思いますが、個人的にそっち系の枠で期待するなら、同時期に連載がはじまった「エムゼロ」
どっちもトンデモ系ドタバタ学園ラブコメな内容ですが、個人的にはエムゼロの方が好みです。

なんか否定的な内容を書いてしまいましたが、ナンダカンダ言っても矢吹先生も叶先生も、ここ数年の間連載が始まってはすぐ消えた作品群の中でも絵のクオリティは比較的安心です。もうひとつの同時期連載開始の、いとう先生の「謎の村雨くん」もその点は同様だと思います。和月先生系の絵柄が好きな人間としては、1週でも長く連載を続けて欲しいです。…出来れば内容ももっと面白くなってくれると嬉しいんですが。

ってかむしろ、早いうちに和月先生が戻ってきて欲しいですが…
戻ってきても、きっと看板漫画にはなれないんでしょうね。
ファンとしては悲しいところです。


そういえばハンタ(ry         

| (旧 アニメ・漫画) | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |